2017年に現れた巨人、2019年の肋骨鍾乳洞 / Giants that appeared in 2017, Rib limestone cave in 2019

 

57272231_2378864268832288_4012854482286149632_o.jpg

展覧会も今週の日曜までとなりました*

●府中での巨人、今回の肋骨CAVE

今回の個展では壁に肋骨鍾乳洞を描きました。
この思想は樹形型洞窟という、溶岩が流れ出た際、樹木を取り込みながら固まり、その後に中の樹木が朽ちて樹型の空洞が残ったとされる洞窟です。
樹木の表面が胎内のようであると、その洞窟を地球の胎内に見立て、そこを巡ることで、もう一度生まれ直すという「胎内巡り」があるのです。
私が二年前に府中でドローイングした巨人が、また形を変化させ、変態させながらまた今回も現れたように思い、今年来年にかけて、もっと立ち上がってくる予感がしています!

船津胎内樹形型洞窟
57555458_2378888515496530_4321178162852528128_o.jpg

肋骨鍾乳洞
Rib Cave
57578659_2378864135498968_1487036644174331904_o.jpg
人体の中の子ども
2017年 《万物の眠り、大地の血管》 “Sleep of all things, vessels of the Earth “in 府中市美術館 Fuchu city art museum

58378244_2378866108832104_1452647077258461184_o.jpg

57109959_2378866232165425_6704916605911957504_o.jpg

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中