Archipelago of Life
生命のアーキペラゴ

海・生命のスープ、この場所はいろんな生き物たちの生死が繰り返され溶けている。
私たちの吸う酸素の半分は海の中のプランクトンが、もう半分は森が作っている。
私たちの身体の中にも自然が存在する。
私たちは世界のほんの一部。
何千、何万もの生き物たちによって私たちの身体は作られ、宇宙はこの身体の中にも存在している。そして地球もまた、宇宙の細胞なのかもしれない。
アーキペラゴ、多数の島からなる海域。
島はそれぞれ特有の意識を持ちながら、海の中を共有している。
多様性の生み出される場所。


The sea, this place is the soup of life where various living things are repeatedly melted and living.
Half of our oxygen is produced by plankton in the ocean, the other half is made by the forest.

Nature exists in our body.
We are only a part of the world.
Our bodies are made of millions of living things, the universe is also present in this body. And the earth may also be a cell of the universe.
Archipelago, waters consist of numerous islands.
Each island shares own unique awareness while its sharing the ocean.
Place where diversity is created.

====
●津波で被災したセンターの再建の場に、東久留米市忘れまいコンサートからの支援により、大小島が描いた海の天井画。

海の天井画 / 東京大学・赤浜海洋研究研究センター
Ceiling mural of the Ocean- in International Coastal Research Center of Otsuchi Iwate prefecture, The University of Tokyo.

広告