府中市美術館での制作は、誕生日に朝から晩まで制作して終えました。今年一年の新しい始まりを良く予感する日でした*お祝いの言葉をくださった皆さんに感謝!

会場にはドローイングのつもりで作った“鯨の潮”という映像があります。

“鯨の潮”

2017年2月6日、わたしはクジラと会った。

でも生きていない、たくさんの鳥たちがその身体を食べにきていた。サメも集まっていた。

皮は溶けていて、脂肪の白色が海の上で漂っていた。

波のリズムに身を委ねて。海、生命のスープ。

どれほどの命がこの中に溶けているのだろう。

生命の礎によってできた私たちの生きる場所。

地球が一つの大きな生きものに見える。

—-

Tara号で見たあの鯨との出会いが、今回の作品”万物の眠り、大地の血管”を作るきっかけでした。

生きる事とは喜びと厳しさが立ち現れ、そして生まれたからには懸命に生き抜いていくんだ、と思うのです。

Thank you for celebrating my birthday!

I finished works “Sleep of all things, vessels of the Earth ” in that day in Fuchu museum.

For this exhibition I made video work as a drawing.

“Whale tide”

On February 6, 2017, I met a whale.

However she is not alive, a lot of birds came to eat her bodies. Sharks were also gathered.

The skin was melting, white of fat was drifting on the sea.

Leave herself on the rhythm of the wave.

Sea, soup of life.

How much life is melting inside this?

The place where we live by the cornerstone of life.

The earth seems to be one big creature.

The encounter with the whale I met during the Tara Expedition is the trigger for the creation of this work.

Pleasure and severity appear in living. And since I was born, I think I will try one’s might.

広告