IMG_3010.JPG

タラ号でのレジデンス、1ヶ月半海洋調査船タラ号と一緒に海の上で過ごさせてもらった時間。

なんという貴重で新たな体験に満ちた日々だったのだろうと思います。

タラ号に乗っていて聞いた話がたくさんあります。

海の木とも例えられる珊瑚、たくさんの生き物たちの家のような生き物。プランクトンは海に満ちている微生物で、私たちの吸う酸素の半分以上を作り出し、生態系の礎である生き物。彼らは海の中で生きていて、私たち人間の持つ時間感覚よりよほど巨大な時間をたゆたい、この地球を作っています。

わかってはいるけれども、それでも何度でも驚く。私たちはなんという星に住んでいるのでしょうか。

The residence of Tara ended.
It was the one-and-a-half month, the time I had spend on the sea with the TARA.
I think that it was a valuable days filled with new experiences.
Tara did scientific research to the ocean. Coral which is like a sea tree, and also like a house of many creatures. Planktons are microorganism filled with the ocean, producing more than half of our breathing oxygen, and so creature foundation of  the ecosystem.
They are drifting for a huge time beyond the human sense, and continues to make this earth. How great star we live on!

 

ohkojima-works-s - 1 (2).jpg

宇宙みたいな、魚の目。Fish eye as a universe.

今世界に起きている気候変動が、この星の生態系のバランスを壊してしまうとしたら、それは人間が住んでいける環境としての地球が壊れてしまうということ。地球は人類がいなくても存在し続ける。だから、地球を守ろうというより、地球で様々な生き物たちとこれからも生きていくためにはどうしたら良いのだろうか、ということなのだろうとつくづく思います。私たち人類はこの世に生きとしいける生き物の一部にすぎないんだ、と海の上でゆらゆらと揺られながら感じるのでした。

Climate changes occurring in the world destroy the balance of the ecosystem of this star, it means earth will be broken as an environment where human can live. Earth will continue to exist even if there is no human race. So I think how to make the way to survive with the various creatures on the planet from now on. I felt while drifting on the sea, that we human beings are just only a part of the living beings in this world.

 

4-TARA-drawing-dna-whale-ohkojima.jpg

TARAの局長のロマンが話していた今日からでもできる3つのこと。

1つ目が毎日の小さな選択。例えば使う必要の無いプラスチックを使わない、地球環境に負担の無い製品を日常で使う。

2つ目が教育。新しい世代の子供たちや、周りの人たちと地球の自然、環境について話し合うこと。無関心になることが一番怖いことだから。

3つ目が投票。良きリーダーを選ぶこと。

どれも当たり前のことだけれど、当たり前を大事にして進んで行くことを想像します。
Romain of the General Director of TARA shares the action. Three things you can do even from today.
The first is a small choice everyday. Do not use plastics that if you throw away immediately, use organic products that have no burden on the global environment.
The second is education. Discussing the nature and the environment of the earth with the children of the new generation and the people around them. Because being indifferent is the most scary thing.
The third is vote. Choose a good leader.

IMG_0139.jpg

小笠原の海。多くの珊瑚礁が危機に瀕している中で、小笠原の珊瑚は多くが健康だった。
The sea of Ogasawara. Many corals are in danger in the world, but we could check healthy corals in Ogasawara.

タラ号で聞いた大事な言葉の一つ:

私たちの住んでいる土地は親から譲り受けたものではなくて、孫の代から借りているものだということ。

There are many stories that I heard on the TARA.
The land we live on is not given from parents. We have borrowed from future generation of our grandchildren.
6-TARA-drawing-coral from space-ohkojima.jpg

IMG_3500.JPG
タラ号、乗せてくれてありがとう!!

Tara, Many thanks for precious time !!

広告