2月26日、タラ号は一般公開の日。朝からボランティアが来て手伝ってくれたり、タラ号を見に、尾道の皆さんがやって来てくれました。本日、日本でもNHKが前回の冒険番組を放送してくれました。こうして、タラ号に触れ合うことをきっかけに、海の下でどんなことが起こっているのか、自分たちが地球でどんな生物なのか、海の中から私たちの吸う酸素の55パーセントが作られていること。

珊瑚が生物多様性の家のような存在だということ、こんなにも豊かな生物がいるんだということを知ってもらえたらなと、心から思うのです。

珊瑚のハート、共生の家
タラの冒険は海と人々の意識をつなぐ、未来への重要な架け橋だと感じています。

ところで、本日タラ号のメンバーの何人かは日比野さんに連れられ、粟島へ行きました。尾道から小船で1時間くらいのところです。自然、街並みを美しいと感じる。250人ほどが住んでいる、小さな島です。この島にも年に一回、何人かのアーティストが4ヶ月ほど滞在してアートを作ります。タラ号がアーティストを乗せてくれているように、小さな島がアーティストを乗せ、そうして作られる新しい想像の発見を視点に取り入れてくれている。

なんて尊いことなのだろうと感じます。

瀬戸内海を進むタラ号
大小島真木

広告