birds-view1

本日、最後の日となりました!
きょうは私も会場で、すべての生きものが集って出来る螺旋の中で、自らが小さな点であることを思いながら、この「鳥よ、僕の骨で大地の歌を鳴らして。 Birds, sing the songs of the earth, through my bones.」という個展を締めたいと思っています。

平日のみの五時までという開館時間なので、なかなか難しい時間帯だったと思います。それにも関わらず足を運んで下さった皆様、関心を持って下さった皆様、本当にありがとうございます!
長い旅の小さな一つが、ようやく腰を下ろせそうな気持ちです。
では本日、いらっしゃれる方がおりましたら、最終日、どうぞよろしくお願い致します*

Today, final ! my solo exhibition!
In this place, I will imagine today, we become aware that a living body is something that transcends the self as a single part of a much larger flow.

When we truly imagine this cycle, then it is possible to feel everything in the whole universe–mountains, rivers, wind, fire and soil —just as if they were organs inside of our own bodies.

12356825_1047428741975854_1025985590873296954_o12362723_1047428475309214_3104674012202865039_o12356654_1047428268642568_7279330626201483078_o

 

広告