鯨の目、美術手帖web

IMG_3761.jpg

 

https://bijutsutecho.com/magazine/news/exhibition/19129

パリでの個展、渾身の新作群!!
美術手帖さんが書いてくださいました*
展覧会は好評につき、会期が延長されるという噂も?!

My works “whale series” solo exhibition in Paris, France ! !
BT magazine up review guide*
Exhibition is good reptation, the period may be extended?! (o⌒ .̫ ⌒o)

 

 

 

 

広告

個展”鯨の目 / L’oeil de la Baleine “in Aquarium de Paris

IMG_9885.jpg

みなさま
あけましておめでとうございます*
2018年はたくさん移動し、さまざまな場所で作ってきました。
去年の最後は、現在も開催中の”鯨の目 / L’oeil de la Baleine “、フランスでのパリ・アクアリウムでの個展です!

Aquarium-maki-3-photo-by-Serge-Koutchinsky-s.jpg

海洋調査船タラ号でレジデンスをしている時に見た、海に浮かんでいた鯨。その亡くなっていた身体をたくさんの生き物たちが食べに集まってきているのを見て、なんという命の循環なんだろう。こうした連鎖が繰り返されているのが、この地球なのだ。海が生命のスープのようだ。そして地上も。
そんな体験に基づき生まれたのが鯨のシリーズです。あの時から彼らはメッセンジャーのような存在になりました。2018年夏には瀬戸内海に浮かぶ粟島で4ヶ月にわたって、鯨シリーズを作りました。それぞれの鯨の中にストーリーが刻まれています。

今回アクアリウムで描いた個体も含めると合計で6体の鯨がこのパリでの個展に現れ、みんなに語りかけています。
“木と石の発芽 ” 、”海の血 ” 、”世界の家 ”、”洞窟鯨 ”、”核と光”
”46億年の記憶 ”
これは鯨たちの名前、タイトルです。

途方も無い時間をかけて、変化してきた万物。
私たちの身体は何でできているのだろう、酸素も石油も、大地も生物が作り出したものに囲まれて生きている自分。
鯨骨生物群集という深海に沈んだ鯨の身体がまた特別な生態系を作り出すこと。
海は全体が繋がっていて、あらゆるものが潮によって運ばれ漂っていくこと。全てのものが連鎖して繋がっていること。
この大地は祖先から譲り受けたものではなく、孫達から借りている場所 なんだ。
私たちはこの星の中で生きる、たくさんの生き物たちの一部でしかないということ。尊くて無数に存在する生命のこと。

これらの言葉は鯨たちの語っていることの一部です。
私は年末パリから帰国しましたが、展覧会は2019年1月20日まで開催中です*

みなさま、今年もどうぞ宜しくお願い致します**!
おおこじまより
ーー
Dear Everyone
Happy New Year 2019*
I moved a lot places in 2018 and created in various places.
Lastly at the end of last year, it is a solo exhibition “Whale of eye ” in Aquarium de Paris – France, which is still being held !

I met a whale. When I jointed art residency in Tara expedition.
However she is not alive, a lot of birds came to eat her bodies. Sharks were also gathered.
The skin was melting, white of fat was drifting on the sea.
Leave herself on the rhythm of the wave. I felt “Sea, soup of life.”
How much life is melting inside this? The place where we live by the cornerstone of life.
The earth seems to be one big creature.
Whale series was made by based on such experiences. From that time they became like messengers for me. In the summer of 2018, I made those whale series for 4 months at Awashima island in the Seto Sea in Japan. A story is engraved in each whales.

A total of six whales appeared in this exhibition in Paris, including individuals drawn with aquarium this time. Whales are narrating to everyone.
” Germination of trees and stones ”
” Blood of the sea”
” Nuclear and light”
” House of the world”
” Whale caves ”
” Memories of 4,600 Million Years”、
These are name and title of the whales.

All things on earth changed over tremendous time.
What are our bodies made of? I live with surrounded by Oxygen, petroleum, earth was created by living things.
When they die, and the body sank in the deep ocean, the body becomes the energy of the creatures living at the bottom of the ocean .
Whales body sunk in the deep sea will also create a special ecosystem called “Whale falls”.
The whole ocean is connected, everything is carried in and drifted by the tide.
This land is not the thing acquired from the ancestor, but the place borrowed from the grandchild.
We are only part of lots of creatures beings on this star. There are precious and countless existence of lives.

These words are part of what the whales narrate.
I returned from Paris to Japan at the end of the year, but the exhibition is being held until 20 January, 2019 *

I hope the New Year finds you in excellent spirit! to 2019**

Maki

 

sciences-avenir-s.jpg

Sciences et Avenir

https://www.sciencesetavenir.fr/nature-environnement/oceans-en-peril-une-fresque-avec-des-baleines-de-maki-ohkojima-a-paris_130056

 

IMG_9829.jpg

aquarium-exhibition-place-.jpg

IMG_9826.jpgAquarium-maki-7-photo-by-Serge-Koutchinsky---.jpg

48409506_323049168534742_6528498307377922048_n.jpg

IMG_9899.jpg

49567288_2177352222526016_1519780452636819456_n.jpg

48392949_558237857978733_7455181078228107264_n.jpg

 

Aquarium de Paris での個展

IMG_9541

Aquarium de Paris に洞窟鯨が現れた!大きな鯨です。吸い込まれそう。

尾ひれを描くのに語り高いところに足場で登って、ヒーヒー言いながら描いてました。

通りかかる人がみんな吸い寄せられるようにおお、と言ってくれる。いい感触!

エッフェル塔すぐ近くにあるパリ・アクアリウム、ここでの30mの大きな壁を使った個展がい

よいよ12月5日から始まります*5匹のクジラたち、壁画、スライドプロジェクションなどを使い、絶賛準備中。

他の鯨たちの準備も進む、頑張りどころ!

Cave whale is appeared in Paris de Aquarium!

When I draw her tail, I climbed up so high place .! It was little fear time ..! But it’s all ok*

Many people impressed this big mural whale. I’m glad** exhibition will start 5th Dec! During about 2 months *

potoby-Quentin-.jpg
potoby-Quentin5.JPG

IMG_9388.JPG
IMG_9478

手の知恵の最終日、東奥日報さん掲載

IMG_8273

今日は日曜日、予定では明日の収穫10メートル絵画最期の制作日。信じられない!もう3週間が経ったの、、!?何処までももがこうと思う。みんなと作ってきた絵の最終日。手の知恵の結集!Today is final day for painting about Tomorrow’s harvest in Aomori museum.

IMG_8267

東奥日報さん、11月8日付朝刊で記事に掲載していただきました!プロジェクトのことが丁寧に描かれていて嬉しい!

IMG_8295

 

サンドウィッチマンさんの東北魂

image1 (3)

サンドウィッチマンさんの東北魂に出演させていただきました。二週に渡り放送されてます。この出演は海洋研の青山 潤教授の紹介から来たもので、岩手県大槌にある東京大学大気海洋研究所に天井画を描いたことから繋がったご縁です〜。不思議なご縁、くるくる繋がります。

↓聴けます

 

IMG_7084IMG_7040

手の知恵 in 青森県立美術館

IMG_7666

みなさん、おはようございます!
私は現在、青森県立美術館で10メートルくらいの大きな絵を描いています!
2年間かけて行ってきた、”アグロス・アートプロジェクト/ 明日の収穫”を実行中!
米、農耕文化のこと。飢餓、開墾された土地。収穫のための祈りが、儀式を作り、舞踏を作ったこと。その体の動き。大地と、食べることについて。市民のみなさんと一緒に学び、想像し、創造してます!解体と集約を繰り返しながらあれこれと作っています*
こちらのツイッターからは日々の制作の様子が見られます!毎日の制作過程での発見が乗せられて行って面白いので、ぜひご覧になりながら応援くださいませ*大きな絵に向かってみんなの手仕事が”手の知恵”となりその動作が何かを耕しているかのようです。→ https://twitter.com/Agros_ap?lang=ja

描く時間は三週間で、今日で七日目です。(仕上がるかドキドキしていることは秘密です。)
そんなわけで、本日も元気に制作に行ってきます!!
みなさまどうぞ良い1日をお過ごしください**

*「アグロス/αγρος/agros」。古代ギリシャ語で「耕地」や「野原」の意。

Good Morning everyone*
Now Im painting in Aomori museum of Art. For making works ” Agros Art Project Tomorrow`s Harvest ” !
We have researched and learning from the our roots during 2years.
Rice, agricultural culture. Hunger, land that was reclaimed. Prayer for harvesting made rituals and made Butoh(Dance). The movement of the body. About the earth and eating.
What I learned from this project is currently output as a big picture of 10M with project members and Indigo dye, embroidery.
This twitter shows everyday act in process**

https://twitter.com/Agros_ap?lang=ja

Today also now I goes to Museum for making**
Have a good day too**

 

IMG_7667

“鯨群の譜 /うた”は、生物が受け継いでいるのは数万年、数億年前からの言葉。

whale-exhibition2

瀬戸内海の粟島という小さな島で、8月までの4ヶ月滞在制作プログラムに参加しています。
海と山が間近にある美しい島。日本が島である実感をここにきて肌で再実感します。
この鯨たちはこの島の人たちが関わって、激励をくれ、手伝ってくれ、生み出されたものたちです。
島のみんなの1針1針の思いが込められた刺繍も鯨たちの血肉になっています。
“鯨群の譜 /うた”は、生物が受け継いでいるのは数万年、数億年前からの言葉。
2年前に海洋調査船タラ号に乗り、海の上で皮の溶けた真っ白な鯨の亡骸と出会いました。たくさんの生き物たちがその身体を食べにきていた。あの時私は、その鯨をかみさまのように思ったし、その印象がこうして鯨の群れを作り、彼らが伝達者のようになって現れてきました。

IMG_1260_polarr

ある日、猪が島で採れ、捌くのを間近で見させてもらってました。猟師さんの鮮やかな手捌きで裁かれていく猪。
ある時もらった黒鯛、捌くと中からはやはり血が出て来て、その内臓が輝きます。
ジリジリする太陽の光、暑さの中で大地は乾いていく、水を思い、目の前に広がる海に目を向けます。
先日の豪雨でたくさんの木や土が崖崩れを起こして、海の中に流れ込みました。潮が木々と共にプラスチックを運んでいます。
非自然的物質と自然物が分解される速度の違い。
海で大量に発生した赤潮の色と匂いが私の記憶に焼き付きます。

猟師さんの手捌き、畑を耕す動作、地球を身体感覚に置き換えたら、そうした太陽や大雨、潮の運びも、地球の手つきとも言えるのでしょうか。
地球感覚を身体感覚に置き換えて想像してみます。
すごく短い時間ですが、成果発表展として鯨は今粟島で泳いでいます。
同じ滞在制作を過ごしたインドの長らくの友人マユールも、共に生きること食べることへの眼差しを持つワークショップをしたり、話したり、良い学びの時間を過ごさせてもらいました。彼は”文化の糸”というタイトルで文化の多様性やコミュニティ、人の根源の起源について考える展示をしています。
この鯨たちを作れたこと、日比野さん、三豊市、粟島芸術家村、皆さんに感謝を込めて*

IMG_1232.jpg

IMG_1369.jpg

I am participating in a four month stay residency program on a small island , Awashima in the Seto Inland Sea of Japan.
Beautiful island with sea and mountain near. I realize again the Japan is an island.
These whales were created by encouraging the people of this island and great help.
The embroidery with the thought of one needle and one hand of everyone on the island is also the blood of the whale.
“Lyric of Whales “,Creatures are inherited words from tens of thousands, hundreds of millions of years ago past.
Two years ago I took part in Tara expedition and encountered the dead skin of melted white whales on the sea.Many living things came to eat his bodies.
At that time I thought the whale like a god. The impression made me make whales. They emerged like a communicator.

One day a boar was caught on the island. I was looking at cutting closely. The hunter goes dismantling the wild boar with skillful hands.
Some time I got fishes and cutting.Blood came out from those bodies its internal organs were shining.
The light of the sunshine, the earth will dry in the heat, I think of the water, I turn my eyes to the sea which spreads before my eyes.
Many trees and clay caused the cliff crumbling due to heavy rain in the other day and flowed into the sea. The tide carries plastic with the trees.
Difference in the rate at which non-natural substances and natural substances are decomposed.
I saw a large amount of red tide occurring.

Handsman’s handling, cultivating the field, replacing the earth with body sensation, can such sun, heavy rain, carrying the tide also be said as a hand of the earth?
I will imagine replacing the sense of the earth with a body sense.
It is a very short time, but the whale is now swimming in Awashima as a result presentation exhibition.
Friend indian Warli tribe Mayur who jointed the same residency program We had a workshop for viewing point about eating be eating, talked and had a good learning time. He is exhibiting “Thread of Culture” to think about the way of exchange of cultural diversity, the way of community, its origins of human origin the root of all of us.
Thanks to Mr. Hibino san, Mitoyo city, Awashima people* I really appreciate****!

eye-whale.jpg

IMG_2229.jpg

IMG_2503.JPG