ドラゴン・タイガー山と、壁画《生命の枝》


この11日間、中国の南昌から2時間の場所、Jiangxiで壁画を描いていました〜昨晩帰国。ただいまです!訪れた場所にはDragon tiger mountain/ドラゴンタイガーマウンテンと呼ばれる岩で出来た山があって、道教/Taoismが生まれたとされる1つの場所だと言われています。


今回描いた”生命の枝/ Branches of Life” はその山の不思議な生命感の麓で日々太陽に身を焦がされながら、描いていたのでした。山はまるで中国絵のようで、山水画の中にいる気分になります。私の壁画は、ここに芸術村を作るというプロジェクトの小さな1つです。


太田美術館図書館での展覧会が始まり、ワークショップが終わった次の日に中国に発ったのでドタバタでした。中国ではFBやインスタやラインやいろんな通信が使えないのをすっかり忘れてて、政府の大きな力を感じ驚き直しつつ。。そんなわけで滞在中はすっかり音信不通でした、連絡いただいてた方、すみません。。!日に焼けながら満喫、でも体力的にはハードだったのでとても眠いですZzzzz

そして太田からずっと手伝ってくれたセルジュに大感謝!

行き帰りの飛行機で読んでいた本はミシェル・ウエルべックの”服従”

移動と移動の間に日が無くって、行きたい展示に行けてないことに後ろ髪を引かれておりますが、、明日から青森・秋田への移動と参ります〜!






広告

「絵と言葉のまじわりが物語のはじまり」の始まり

IMG_8874.jpg

太田市美術館・図書館で用意してきたグループ展「絵と言葉のまじわりが物語のはじまり」がいよいよ今日から始まります!

私はタラ号に乗った経験の後に作った、<46億年の記憶>という20M壁面を使っての展示をしています。地球が誕生したと想像されている遥かな年月の中で、海の中の小さなプランクトンや地上の木々が光合成を行うことで作り出される酸素、土の中に埋まった樹木や微生物の身体からできたと言われる石油や化石、膨大な年月をかけて作り出されてきた巨大な現象の中に私たちが生きていること。

群馬県太田市は新幹線も使わずに新宿駅からも2時間で行ける、日帰り可能なところです。駅からは徒歩0分の美術館です。美術館図書館という構造も面白い場所、夏休みの機会に是非*

10月22日まで、やっています*

今日は最後の公開制作日!明後日はワークショップです*

http://www.artmuseumlibraryota.jp/post_artmuseum/934.html

また展覧会全体のこと、作品のことについてもまた書きます。

まず設営・公開中の現場よりIMG_6552.JPG

IMG_6537.JPG

 

IMG_8648-s.jpg

IMG_8637.JPG

タラ号インタビュー・婦人画報さんとDIVERさん

FullSizeRender_3.jpg

FullSizeRender_1.jpg

婦人画報さんとDIVERさんに!
今出ている8月号の婦人画報さんにタラ号についての大特集16ページがあります!
私も載せていただいていて、中でタラ号滞在記を書きました。
タラ号これまでの冒険のことや、今回調査のサンゴ礁について、人々と話し合う大切さ、北野さんと西島さんの対談など充実した内容になっています。そしてアーティストという存在がこうした船に乗ること、についても書かれていて素晴らしいです。
DIVERさん7月号にはタラ号での経験をインタビューしていただき、ドローイングとも合わせて、しっかり書いていただきました*
どちらともとても素敵な記事になっています!
もうすぐタラのNHK放送(7/17)もあります。よかったら是非ご覧ください**!

 

FullSizeRender_2.jpgFullSizeRender.jpg

FullSizeRender 2.jpg

FullSizeRender_1 2.jpg

 

FullSizeRender_4.jpg

FullSizeRender_2 2.jpg

FullSizeRender_3 2.jpg

アニエスベー青山店に現れた白い鯨。そのお腹の中のプランクトン

agnesb-dacade3.jpg

昨日は1日かけてのドローイング。アニエスベー青山店に鯨が現れました。鯨の中にはプランクトンたちが漂っています。魚もクジラもプランクトンを食べて生きてる、生態系の礎である生きもの。そして海を悠々と泳ぐ白い鯨。今月の23日まで観られます*地下一階のTaraドローイングと合わせて、表参道近くにお立ち寄りの際はぜひご覧ください*
夜のタラ号トークも面白かった!日比野さん、竹原さんとタラ号に乗りながら実感した事柄をクリスさんの司会で。充実の内容でした!
見守ってくださった皆々さまに感謝ですです*


タラ号スペシャルファサード+Tara号ドローイング展示
会期:2017年7月7日(金)~7月23日(日)
場所:アニエスベー青山店
時間 : 11時00分~20時00分
〒107-0062 東京都港区 南青山5-7-25 ラ・フルール南青山(表参道駅B3出口徒歩3分)

http://www.agnesb.co.jp/news/taraexhibition

Photo by Hiroko Yamada

agnesb-dacade4.jpg

agnesb-dacade2.jpg

 

agnesb-talk.jpg

 

 

海の日の夜にタラ号のNHK番組!そして 7月7日からアニエスベー青山店にてタラ号スペシャルファサード!

神社の公開日と同日、7月17日・海の日の夜にタラ号のNHK番組が!
7月7日からアニエスベー青山店にてタラ号スペシャルファサードを!
の二本立てです。いや神社を入れたら三本?

8-Tara et Bongos doubles_©S.Bollet-Tara Expeditions_Expédition Tara Oceans-.jpg
©S.Bollet-Tara Expeditions_Expédition Tara Oceans
●今年の春にアーティストインレジデンスをしてきました、フランスの海洋調査船タラ号の特番が、 7月17日(月祝)の夜NHK総合で放映されます。海の魅力と、今直面している地球環境の危機を調査している船です。アニエスベーなど国際的な企業や組織の支援で世界中の科学者と共に12年以上、北極から南 極まで地球温暖化による海への影響を調査してきたタラ号。現在は太平洋のサンゴ礁探査という新たな冒険を行っています。珊瑚は海の生物多様性と豊かさの象徴のような生き物。私たち生命にとって母なる存在である海について、この世界に生きることについて、考える夜にとぜひご覧ください〜!
レジデンスさせていただいた船ですが、番組に私は出ないかもしれないし出るかもしれないし、その辺は当日にならないとわかりませんが、タラ号のみんな、そしてその確かな活動はしっかり映っているのでどうぞお楽しみに*
海洋アドベンチャー タラ号の大冒険』 番組詳細 放送予定/7月17日(月祝)NHK総合 夜22:00~深夜23:15
ナビゲーター・語り/西島秀俊  出演/北野武、 アニエスベー http://jp.oceans.taraexpeditions.org/
 5-TARA-drawing-coral heart-ohkojima.jpg

珊瑚の心臓/ Coral heart

2017. pencil, colored pencil, watercolor and acrylic on Arche paper, size 26 × 36cm
in Tara expedition artist in residency
19621579_10209921909747750_1284237751_n.jpg

Pocillo meandrina DSC_9065-©Lauric Thiault-.jpg
©Lauric Thiault

スクリーンショット 2017-06-13 16.15.21のコピー.png

z-pic-agnes.jpg

●さらに、タラ号放送にむけて、 タラ号スペシャルファサードをアニエスベー青山店で手がけさせてもらえることになりました。お店のガラスに7月7日(金)1日かけてドローイングいたします*夜はトークのようなものも予定していますので、よかったら覗きにきてください。Tara号で描いたドローイングも店内に展示いたします。アニエスの皆さんにはタラ号の時から大変お世話になっています〜!ありがとうございます!

タラ号スペシャルファサード+Tara号ドローイング展示
会期:2017年7月7日(金)~7月23日(日)
場所:アニエスベー青山店
〒107−0062 東京都港区 南青山5−7−25 ラ・フルール南青山(表参道駅B3出口徒歩3分)
オープニングレセプション
日時:2017年7月7日(金)19:00~20:00

http://www.agnesb.co.jp/news/taraexhibition

 IMG_4252.JPG

「この天井画の中央にある白い円は湧き水の源泉地の様だ。君はそこを見たことがあるのか」

昨日の記事の続き。
特別公開のチラシや天井画の写真です*

2015年に公開した時、観に来てくれた人で「この天井画の中央にある白い円は湧き水の源泉地の様だ。君はそこを見たことがあるのか」と話してくれた人がいました。神社近くにある源泉地は私が小さい頃くらいには一般者の立ち入りができなくなったので、私は見たことがありません。でも描く時、私は想像していました。コポコポと地上へと湧いてくる水を。
先日秋田の美郷町に行き、真昼岳に登りました。そして山中、出ている冷たい湧き水を飲みました。真水のあるすごいところだと、私たちの生きるこの島のことを思います。
水が私の身体を巡っています。

Leaflet design by Nao Nozawa

A4-Creature-1.jpg

A4-Creature-2.jpg

 

19657250_1562917837093606_1920943814832135801_n.jpg

19665296_1563738337011556_6176364654626877805_n.jpg

南沢氷川神社 天井画特別公開 《生きとし生けるものたちの饗宴》

《生きとし生けるものたちの饗宴/ Banquet of hole creature. 》水の光 from Maki Ohkojima on Vimeo.

みなさん

こんにちは。
2015年の冬に行ったプロジェクト南沢氷川神社への天井画がこの度、奉納という形で正式にこれからもあの天井に置かれることとなりました。
すばらしい財産である湧き水が、これからも繋がってゆきますようにと地元のメンバーが神社さんや氏子さん方のご理解とご協力を経て、辿り着いたひとつの結果です。
その天井画を、この湧き水の源泉地に鎮座する南沢氷川神社で一年に一度(予定)の特別公開日を設け、この機会を通じて遥か昔よりこの源流で営まれてきた命の繋がりを体感する場 を開いていきたいと思っています。今年はその始まりの年。まずはひっそりと拝殿の中で、この天井を再び見上げることから始めてみたいと思います。
7月の16日と17日に開きます。当日は私もおりますので、お声掛けください。
この天井画に関わってくださった皆様に深く感謝申し上げます!そしてその想いがこれからの未来へと続いていきますように。

こちらの映像は天井画《生きとし生けるものたちの饗宴》と東久留米の湧き水、そして南沢氷川神社の繋がりを映像で残す為に作ったものです。壱岐さん、木太さん、本当にありがとうございます。みなさま、ぜひご覧ください*
↓こちらは東久留米アートプロジェクトのHPです。こちらから詳しい情報をご覧くださいませ。
http://higashikurume-artproject.tumblr.com/event/

【開催情報】南沢氷川神社 天井画特別公開 《生きとし生けるものたちの饗宴》
日時:2017.7.16(日)-7.17(月祝)10:00-16:00
会場:南沢氷川神社(東久留米市南沢3-5-8)
アクセス:西武池袋線「東久留米駅」西口から徒歩15分
入場:無料

●Special open for ceiling picture in Minamisawa Hikawa Shrine “Banquet of whole creatures.”
Higashikurume is a place with a very rich spring water with a total volume of 2 tons gush out every day. There is a ceiling picture drawn by artist Maki Ohkojima in the sacred praying hall of Minamisawa Hikawa Shrine settled where clear water is gushing up. On July 16th and 17th, we set up a special announcement once a year and serve you a place to experience the chain of whole lives that has been succeeded from this river source from long ago. Please come to the days, anyone can come. We are waiting.