“鯨群の譜 /うた”は、生物が受け継いでいるのは数万年、数億年前からの言葉。

whale-exhibition2

瀬戸内海の粟島という小さな島で、8月までの4ヶ月滞在制作プログラムに参加しています。
海と山が間近にある美しい島。日本が島である実感をここにきて肌で再実感します。
この鯨たちはこの島の人たちが関わって、激励をくれ、手伝ってくれ、生み出されたものたちです。
島のみんなの1針1針の思いが込められた刺繍も鯨たちの血肉になっています。
“鯨群の譜 /うた”は、生物が受け継いでいるのは数万年、数億年前からの言葉。
2年前に海洋調査船タラ号に乗り、海の上で皮の溶けた真っ白な鯨の亡骸と出会いました。たくさんの生き物たちがその身体を食べにきていた。あの時私は、その鯨をかみさまのように思ったし、その印象がこうして鯨の群れを作り、彼らが伝達者のようになって現れてきました。

IMG_1260_polarr

ある日、猪が島で採れ、捌くのを間近で見させてもらってました。猟師さんの鮮やかな手捌きで裁かれていく猪。
ある時もらった黒鯛、捌くと中からはやはり血が出て来て、その内臓が輝きます。
ジリジリする太陽の光、暑さの中で大地は乾いていく、水を思い、目の前に広がる海に目を向けます。
先日の豪雨でたくさんの木や土が崖崩れを起こして、海の中に流れ込みました。潮が木々と共にプラスチックを運んでいます。
非自然的物質と自然物が分解される速度の違い。
海で大量に発生した赤潮の色と匂いが私の記憶に焼き付きます。

猟師さんの手捌き、畑を耕す動作、地球を身体感覚に置き換えたら、そうした太陽や大雨、潮の運びも、地球の手つきとも言えるのでしょうか。
地球感覚を身体感覚に置き換えて想像してみます。
すごく短い時間ですが、成果発表展として鯨は今粟島で泳いでいます。
同じ滞在制作を過ごしたインドの長らくの友人マユールも、共に生きること食べることへの眼差しを持つワークショップをしたり、話したり、良い学びの時間を過ごさせてもらいました。彼は”文化の糸”というタイトルで文化の多様性やコミュニティ、人の根源の起源について考える展示をしています。
この鯨たちを作れたこと、日比野さん、三豊市、粟島芸術家村、皆さんに感謝を込めて*

IMG_1232.jpg

IMG_1369.jpg

I am participating in a four month stay residency program on a small island , Awashima in the Seto Inland Sea of Japan.
Beautiful island with sea and mountain near. I realize again the Japan is an island.
These whales were created by encouraging the people of this island and great help.
The embroidery with the thought of one needle and one hand of everyone on the island is also the blood of the whale.
“Lyric of Whales “,Creatures are inherited words from tens of thousands, hundreds of millions of years ago past.
Two years ago I took part in Tara expedition and encountered the dead skin of melted white whales on the sea.Many living things came to eat his bodies.
At that time I thought the whale like a god. The impression made me make whales. They emerged like a communicator.

One day a boar was caught on the island. I was looking at cutting closely. The hunter goes dismantling the wild boar with skillful hands.
Some time I got fishes and cutting.Blood came out from those bodies its internal organs were shining.
The light of the sunshine, the earth will dry in the heat, I think of the water, I turn my eyes to the sea which spreads before my eyes.
Many trees and clay caused the cliff crumbling due to heavy rain in the other day and flowed into the sea. The tide carries plastic with the trees.
Difference in the rate at which non-natural substances and natural substances are decomposed.
I saw a large amount of red tide occurring.

Handsman’s handling, cultivating the field, replacing the earth with body sensation, can such sun, heavy rain, carrying the tide also be said as a hand of the earth?
I will imagine replacing the sense of the earth with a body sense.
It is a very short time, but the whale is now swimming in Awashima as a result presentation exhibition.
Friend indian Warli tribe Mayur who jointed the same residency program We had a workshop for viewing point about eating be eating, talked and had a good learning time. He is exhibiting “Thread of Culture” to think about the way of exchange of cultural diversity, the way of community, its origins of human origin the root of all of us.
Thanks to Mr. Hibino san, Mitoyo city, Awashima people* I really appreciate****!

eye-whale.jpg

IMG_2229.jpg

IMG_2503.JPG

 

 

広告

全天88星座 /planetarium

z-e-planetarium-serge-72.jpg
Photo by  Serge Fouillet Koutchinsky

今日から5日間、期間限定であのプラネタリウムが戻って来ます〜!この滅多にない機会、ご都合あいましたら是非*
That planetarium program will come back for five days from today !
お盆限定プラネタリウム「全天88星座 ~光が語る天球の地図~」

開催期間:2018年8月11日(土)~15日(水)
毎日17:45~ 投影時間:約45分間)

場所: 多摩六都科学館 http://www.tamarokuto.or.jp
〒188-0014 東京都西東京市芝久保町5-10-64
(詳しいアクセス→ https://www.tamarokuto.or.jp/access/
TEL:042-469-6100

五千年もの昔から、人々は夜空に星座を描き、現在88個の星座が伝えられています。
大小島真木が、武蔵野の自然や世界の子供たちを描いた新しい姿で88星座をすべてご紹介します。

https://www.tamarokuto.or.jp/blog/constellation88/

対 象 : どなたでも観覧できます
※小学2年生以下の方がプラネタリウム・大型映像を観覧する際、安全上の理由により、保護者と一緒の観覧をお願いしております。
定 員 : 1回234席
観覧料 : 大人500円、小人200円(※別途入館料が必要)
(※当日開館時よりインフォメーションにて観覧券を販売)

sky-円形-line.jpg

zenten88_omote-short.jpg

海ほたる2

プラネには写りませんが、私が今制作している粟島の海ほたる、海の銀河のよう
Photo by 浦 智史

 

芸術家村2

今、制作している場所からの夜空
Photo by 浦 智史

 

生命のアーキペラゴ / Archipelago of Life

Archipelago of Life
生命のアーキペラゴ

海・生命のスープ、この場所はいろんな生き物たちの生死が繰り返され溶けている。
私たちの吸う酸素の半分は海の中のプランクトンが、もう半分は森が作っている。
私たちの身体の中にも自然が存在する。
私たちは世界のほんの一部。
何千、何万もの生き物たちによって私たちの身体は作られ、宇宙はこの身体の中にも存在している。そして地球もまた、宇宙の細胞なのかもしれない。
アーキペラゴ、多数の島からなる海域。
島はそれぞれ特有の意識を持ちながら、海の中を共有している。
多様性の生み出される場所。


The sea, this place is the soup of life where various living things are repeatedly melted and living.
Half of our oxygen is produced by plankton in the ocean, the other half is made by the forest.

Nature exists in our body.
We are only a part of the world.
Our bodies are made of millions of living things, the universe is also present in this body. And the earth may also be a cell of the universe.
Archipelago, waters consist of numerous islands.
Each island shares own unique awareness while its sharing the ocean.
Place where diversity is created.

====
●津波で被災したセンターの再建の場に、東久留米市忘れまいコンサートからの支援により、大小島が描いた海の天井画。

海の天井画 / 東京大学・赤浜海洋研究研究センター
Ceiling mural of the Ocean- in International Coastal Research Center of Otsuchi Iwate prefecture, The University of Tokyo.

タラ号日本に再来航*Tara Returns to Japan *

タラ号が日本に来ましたよー!

私も香川県三豊市でタラ号を歓迎してます*五日間タラ号船舶*

The Tara came to Japan!

I also welcome the Tara in Mitoyo city, Kagawa prefecture * Im in five days Tara ship *

タラ号情報室のドアに描いた絵

タラのデッキ

海の前で

本日、朝日新聞さんより

http://www.asahi.com/articles/ASL4Q4HD4L4QUJUB009.html

現在はこの円を超えて、天井に海の壁画が広がっていっています。

昨日は青山VOLVOさんでの展示最終日。駆けつけてくれたみなさん、本当にありがとうございました!

いまはブリーチングする鯨を描いています。海を見ながら深呼吸をして、今日も1日頑張ろう、と気合を入れます。皆さんもどうぞ良い一日を*

It is news from today’s Asahi news paper.

Now the ceiling painting goes beyond this circle, and the mural painting of the sea is spreading.

Yesterday was the last day of exhibition at Aoyama VOLVO. Everyone who came, thank you very much!

I am drawing a bleaching whale now. Take a deep breath while watching the ocean, and I will put in a spirit that I will do my best today. Have a nice day *

↓先日参加させてもらった、サンプリング調査・地引網の様子

‪大槌での天井画、岩手めんこいテレビより‬

大槌での天井画、岩手めんこいテレビより

http://fnnne.ws/localtime/iwate/detail.html?id=FNNL00062018

東京大学・赤浜海洋研究センターで、サイエンティストたちや町の人たちと話をしながら、海を前にして、描いています。(o⌒ .̫ ⌒o)

大槌・海の天井画 Ceiling mural of the Ocean in Otsuchi

本日から月末にかけて、岩手県大槌にある東京大学国際沿岸海洋研究センターで天井画を手がける事になりました。

再建されるこのセンターで、海と共に生きる事について描きたいと思っています。

ひょっこりひょうたん島のモデルとなった島、蓬莱山の真向かいにある場所です。井上ひさしさんのスピリッツを思い出して頑張りたいと思います!

Ceiling mural of the Ocean- in International Coastal Research Center of Otsuchi Iwate prefecture, The University of Tokyo.

I draw about living with the sea in April 2018 at this center rebuilt after the 2011 disaster.

津波で曲がったセンター前の柵。

東京では青山ボルボさんで展示をしています。今までの思考の歩みを振り返るような映像を、大型スクリーンでぜひご覧ください*